婚活へと歩んだ理由

私は17年の結婚生活、家庭内別居の後、離婚をしました。子供は妻に引き取られ、毎日泣きながら過ごしていました。家に帰っても寂しく、明かりのついてない部屋に帰るのは辛い日々でした。

最初は寂しさを紛らわす事が婚活を始めるきっかけでした。この考えの間違いに気づいたのは、もっと後になってからです。この理由については、後で書いていきます。

まずは婚活会社への一括資料取り寄せから始めました。

そして何社かに面接の申し込みをしてサービス内容を聞きにいく事にしました。。

受付にて・・・A社

ある会社では、受付で、「何時に申し込んだ及川です」と伝えたのに、隣を社員が何人も通り過ぎても、全く目も合わさないんです。

こっちは、受付でまちぼうけ。

「すみません」と声をかけても「お待ちください」と言われるだけで、一人受付でたたずんでいました。

面接を終えた会員さんを見送る社員さん、

面接の予約?をしている会員さんを出迎える社員さんが僕の横と通り過ぎて・・・

10分ぐらい一人でいました。いい加減腹が立ってきて、通り過ぎた社員さんに「まだですか?」と声をかけたら、ようやく別室に通されました。

この時には、すでにこの会社ではお世話にならないと心の中では決めていました。

受付にて・・・B社

受付に呼び鈴があり、チンチンと鳴らしました。

すりガラス越しには二人の人影がありました。が、なんの音沙汰もありません。横の部屋では、何組かの会員さんと社員さんが面談をしていました。頬杖をついている男性、足を組んでいる女性・・・

そのうちに僕の携帯が鳴りました。「予約の時間ですが、何時ころに来られますか?」と。すでに来ていますと答えるとすぐにお伺いしますとの返事。でも誰も来ません。

そのうちに面談ルームで足を組んでいた女性に声をかけられました。「何かご用ですか?」と。「えっ、あれが社員さん?」が正直な感想でした。その後、別の社員さんに別室に案内されました。

大理石の大きなテーブル、フカフカのソファー・・・何か雰囲気で圧倒しようとしているような気がしました。

でも、社員さんは僕の名前さえも知らないんです。よく聞けばそこの会社は、電話で勧誘する人と、話しを聞いて勧誘する人とは別。そのうちには受付の至らないところ、電話係の至らないところの話し。

それなりには盛り上がりましたが、お世話になる気にはなれませんでした。

2) 大手結婚相談所のサービスについてを読む